気になる気になる広告日記

主に気になる広告について書くブログ。広告業界で働かれている方、広告業界を目指されている方の参考になれば幸いです。

素人臭いキャッチコピー

不動産屋(?)の大型看板@町田

 

f:id:sax5:20160708100031j:image

 

キャッチコピー

「いえスマイLOVE」

…これは素人臭い。いやどう考えても素人臭い。つーか素人であるこれはおそらく。

 

おそらく、「いえ」「イエス」「スマイル」「LOVE」の4つを合成したのだろうが、どれも抽象的で誰にでも言える言葉なので合わせたところでピンとこない。もっと言えばこの4つを重ねた言葉が「Yes my love」っぽく聞こえるからそれに合わせに行ったのかとも想定できるが、そもそも「Yes my love」なんて言葉聞いたことない。と思って、ググってみたら矢沢永吉の歌が出てきた。なるほど、このキャッチコピーを書いた人は矢沢永吉ファンなのだな。とか知らねーし。ここまでわかりにくくかつ、合体的な言葉を私は初めて見たような気がする。

 

そもそも、まず誰が誰に対して何を提言しているのかが判然としない。つまりキーコンセプトが見えない。つーかない。そしてハッとさせるような新しい価値の提唱もない。言葉遊びの大喜利がまんま看板にドデカくのっかっているのである。そういう印象。コピーは大喜利ではない。

 

さらに言えば、その上の

「あなたとの出会いで、『そのうち』から『今』になる」

というコピーもわからない。まず長い。街に出す看板のコピーとして長すぎる。抽象的すぎる。

そして意味がわからない。これが「"わたしたち"との出会いで、『そのうち』から『今』になる」というコピーなら、100歩譲ってまだわかる。これは不動産屋の広告なので、「家探ししようかな〜、でも『そのうち』でいいか」と考えていた人が、素晴らしい不動産屋との出会いで「やっぱり『今』決めよう!」と考え方が変化するようになることは、不動産屋が出す提言としては間違っていない。それでもありきたりすぎるけど。

でもこの広告には「あなたとの出会いで」と書いてある。ということは意味がわからない。主語は誰だ?客か?不動産屋か?主語が完全に消失している。もはや怖い。

 

まあ、多分店長とかが考えてるんでしょうね、こういうコピーって。