気になる気になる広告日記

主に気になる広告について書くブログ。広告業界で働かれている方、広告業界を目指されている方の参考になれば幸いです。

「TOKYO GOOD MUSEUM」駅貼りポスター Tokyo Good Manners Project

「TOKYO GOOD MUSEUM」駅貼りポスター@乃木坂駅 Tokyo Good Manners Project

f:id:sax5:20160927085219j:image

ポスターのクリエイティブが印象的だったので何の内容のポスターなのかよく見てみたら、よく見てみても一体何を言ってるのかよくわかりません。「東京の博物館をまとめてインバウンド向けに告知するポスターか?」とかいろんな予測を立てながら「TOKYO GOOD MUSEUM」で検索してみたら、やっと意味がわかりました。

~東京をより魅力的な都市へ~ 「Tokyo Good Manners Project」始動 | 共同通信PRワイヤー

つまり、このたび設立された一般社団法人Tokyo Good Manners Project(略称TGMP)の、マナー向上プロジェクトの一環としてのポスターのようなのです。で、「TOKYO GOOD MUSEUM」という初見ではまず意味がわからないだろうコピーが生まれた理由は以下の通りのようです。

TGMPが実施した「東京のイメージ」に関する調査によると、「人のマナーが良い」と答えた外国人が全体の約7割(64.9%)に上りました。しかし、「人のマナーが良い」と答えた東京都民は3割以下(24.6%)にとどまり、マナーに対する東京都民と外国人の認識には大きなギャップがあり、都民の自己肯定意識が極めて低いということがみてとれます。

要は、東京のマナーは海外比べれば比較的良いのに、自己肯定意識が低いという課題があった。これに対する解決策として、

東京をかたちのない美術館に見立て、東京のグッドマナーやそれを構成するヒト・モノ・コトを「作品」と定義して収蔵することで可視化させ、世の中に発信する活動

として、「TOKYO GOOD MUSEUM」というコピーを提示したようなのです。いやわかるか!理解するまでにこんなに時間がかかるコピーも珍しいです。送り手目線というか……伝える側はそれで納得して送り出してるんでしょうけど、伝えられる側はかなり調べないと理解できません。コミュニケーションのカロリーのとても高いコピーだと思います。

まあ、でも最初に書いたようにやっぱりビジュアルはすごく印象的ですね。ここから検索してくれる私のような人も、一定数はいるのでしょうが……。