読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気になる気になる広告日記

主に気になる広告について書くブログ。広告業界で働かれている方、広告業界を目指されている方の参考になれば幸いです。

点画ならぬIHI画? IHI「暮らしの進化は、IHIでできている。」看板 企業広告

点画ならぬIHI画? IHI 企業広告「暮らしの進化は、IHIでできている。」「100年の安全は、IHIでできている。」本社最寄駅 看板

@ゆりかもめ豊洲駅

f:id:sax5:20161030125352j:image

@メトロ豊洲駅

f:id:sax5:20161030164547j:image

「株式会社IHI」という、重工業を主体とする日本の製造会社の企業広告。いわゆるBtoB(ビジネス トゥー ビジネス。消費者向けではなく、ビジネス向けに商品を販売している)の会社ですが、こういった会社でも、従業員の意識向上や、株主や取引先等のステークホルダーへのアピール、新卒などのリクルーティングにおける知名度向上等、様々な理由で広告を打つことがあります。

この看板は、本社の最寄駅に掲出している看板なので、関係者向けのアピールという意味合いが強いでしょう。よく見ると、街の風景がすべて「IHI」の文字でつくられているビジュアルとともに、「暮らしの進化は、IHIでできている。」「100年の安全は、IHIでできている。」といったコピーで、実は街のいろんなところに貢献している企業なんですよ、と訴求しています。

特にこの看板はビジュアルのすごさが目を引きます。タワーもビルも、車も橋も船も、みんな「IHI」でできちゃっています。見れば見るほど面白いビジュアル。どんなデザイナーさんがつくったんでしょうか。広告的というより、むしろ美術的であるのでもしかしたら広告会社で扱ったものではないかもしれませんね。面白いので、商談などでも「あのビジュアルすごいですね」などと話題にできるかもしれません。話題になって、盛り上がって良い関係性ができれば商談も上手くいくでしょう。そういう意味でも企業広告として価値をなしていると思います。(まあ、コピー・ビジュアル含めて若干言い過ぎ感はあるような気はしますが…)